日本の戦争の強さって異常じゃね? ~ トリ速@VIPまとめ

2ちゃんねるのVIPの板を主にまとめているブログです。
他サイト様

neurosan

torineuro

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめサイト様

日本の戦争の強さって異常じゃね?

1 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:22:53.78 ID:jK8Odyhq0


何でこんな小さい国がそんなに勝ってんだよ


3 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:25:10.61 ID:zd7+s8Y90


ぶっちゃけ昔の日本人は民族的に優秀だったわ
中にはだめなのもいただろうけど全体的に優秀だった
今は腐っちゃったけどなw



5 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:26:05.79 ID:jK8Odyhq0


>>3だよな。
原爆落とさせるぐらい苦戦させたもんな



6 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:26:41.23 ID:DO50ucYN0


>>1
ヒント:日本は思っているほど小さくない



7 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:27:58.43 ID:jK8Odyhq0


>>6周りがデカすぎんのか


11 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:32:49.10 ID:zd7+s8Y90


日本の勢力拡大の最大値の時の地図とか見るとシビレルよなw


16 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:41:49.10 ID:7/9Ub5H90


全盛期のイギリススペインフランスポルトガルドイツあたりと比べても
まあ領土というか本土は別にそこまで小さくはねえわな
石油と鉄鉱石が欲しかった



17 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:42:46.40 ID:zd7+s8Y90


>>16
一応今でも領海を含めると相当でかいよね日本って



19 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:43:52.52 ID:7/9Ub5H90


>>17
ただ海だからなwww
資源開発できれば本当に有効活用できるんだがなあ



20 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:45:24.45 ID:uLDE9KLxP


大陸進出と東南アジアどっちかだけで我慢すればよかったのかな?


23 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:47:52.54 ID:zd7+s8Y90


>>20
まあ、こういう話になると結局言われるのはアメリカとやりあったのが間違いってなっちゃうよなw
もう手詰まりにはなってたと思うなあ



22 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:47:29.27 ID:JJWyJitM0


>>20
大陸進行→やべぇアメさんに燃料止められた→東南からパクれ→東南進行

じゃなかったっけ?



24 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:49:15.71 ID:0U16gUPL0


拡散!全日本人が見るべき映画 1








133 :名も無き被検体774号+ 2012/02/03(金) 18:20:48.50 ID:JiO9DBUf0


>>24
全部観たら「アメリカじゃなくソ連攻撃しろよww」とか言えなくなった…



27 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:51:12.39 ID:7/9Ub5H90


歴史にたらればは通用しないが、考察するとどのみち限界だっただろうな
世界がピンとなってしまっていたからなにかしら巻き込まれていた
ハルノートやら包囲網やらを、回避できる術は外交上なかったと思う
かといって領土拡げず産業注力だと国際的に傷つき気味だった中国ロシアにやられていた可能性も高い



29 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:54:32.47 ID:zd7+s8Y90


>>27
もうハルノートはほぼ宣戦布告だよねあれ。無条件降伏しなさい的な



35 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 17:59:12.13 ID:7/9Ub5H90


>>29
しかもあの条件のんだらのんだで次々に要求増えていくの目に見えているしな
実質詰み
アメリカと戦争しなければよかったとか言われるけど、戦争自体は不可避に近かったと俺は思う。
早期終戦は可能だったのかもしれないけどな



36 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:01:21.25 ID:uLDE9KLxP


>>35
つまりアメリカのやり口は戦前と現代と何にも変わってないって事ですねw



41 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:05:13.15 ID:7/9Ub5H90


>>36
まあ露骨に反米する気もないけどそういうことだわなwwwまあ、国際的には正しい動きなんじゃないかな、とも思うわ
俺は日本好きだけど、小さい島国が急に力つけて半端じゃない勢いで領土伸ばしてきたら、そりゃあ叩くわ
気にいらないのは同じことがヨーロッパで行われても叩かれないことだがw



37 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:01:28.66 ID:zd7+s8Y90


>>35
俺的なイメージとしてはハルノート突きつけられた日本は
無条件降伏するかうまく戦って講和を取るか玉砕かってイメージなんだけど
軍部は講和に持ち込もうとしなかったのはなんでなんだろう?



47 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:07:45.70 ID:CzKz/FSpO


>>37
講和なんか、アメリカ本土に相当被害与えない限り成立しないだろ

アメリカは、あの戦争での民間人の犠牲者をほとんど出していない
講和する必要などないんですよ



50 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:08:48.52 ID:zd7+s8Y90


>>47
まだ講和を持ち出せる段階でもなかったって事か



54 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:10:14.52 ID:zd7+s8Y90


>>48
なるほど。まあ、元々アメリカは戦争しようぜ!的なノリになってたしなw



40 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:05:13.09 ID:aoT76SiSP


列強による東南アジアの植民地を解放したのは大きな成果だった。

アメリカに喧嘩売られて正々堂々戦ったのは凄いわな。
後にも先にも世界で唯一アメリカ本土爆撃も加えれたし。



42 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:05:15.09 ID:5vVCJrkA0


兵器を作る人材とかは他の国と比べてどーだったの?
優れてたの?



51 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:09:08.82 ID:aoT76SiSP


>>42
日本も原子爆弾作ろうとしてたが
東海村の臨界事故のときのバケツで原子炉みたいなお粗末なものだった。



44 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:06:50.74 ID:zd7+s8Y90


>>42
アメリカの圧勝。比較すると萎えるレベルw
当時の日本は欧州含めて5,6番手くらいじゃなかったっけな?



64 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:15:36.81 ID:CzKz/FSpO


>>44
海軍力はそんなに差は無かったけどな
真珠湾時点では、一時的に優位にあったくらい
あくまで数の上でだが

ただ、真珠湾で沈めたり大破した艦艇のほとんどが
ほどなく戦線に復帰してしまったのと
空母を叩けなかったこと
さらに生産力が桁違いだったのが痛い




69 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:18:43.36 ID:zd7+s8Y90


>>64
戦時中にバッカバッカ船でも飛行機でもクソみたいに作れてたしな・・・勝てるわけないわw



74 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:20:39.48 ID:kgVjBx950


>>69
あと、鉄が豊富なんで飛行機とか防性能がねー。

資源は重要だわなー。



70 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:19:01.88 ID:kgVjBx950


>>64
>>64
>海軍力はそんなに差は無かったけどな

問題は数じゃなくて個々の性能だった、ってのもあるからなあ。
日本の船、結構古いのもあったし。

そう言えば空母って日本の発想だか開発だかって本当なのかな。



92 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:38:20.33 ID:H0ogTQt+0


>>70
世界初はフランスだよ



95 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:46:09.42 ID:CzKz/FSpO


>>70
空母に関しては、構造上の問題があったのはたしか
なんせ、ほとんどが巡洋艦や戦艦からの転用

その上運用の問題点とが重なって、十分な活躍ができなかった

とにかく日本軍は、兵器の使い方に問題が多すぎる
最大は特攻だが、他にも潜水艦で戦艦や空母の撃破を目論んだり
連合軍がドイツのUボートに苦しんだのは
主に輸送船などを狙われたため
ワスプ撃沈なんて派手なことはしたが、他の戦果なんてほとんど無い

航空機だけで戦艦を叩けると、最初に証明した国なんだけどね~



96 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:48:35.14 ID:XEby5pzh0


>>95
兵站に関する考え方が幼稚すぎるから商船攻撃とかの発想が受け入れられない偏屈な思考法だったからなぁ。



101 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 19:38:01.50 ID:G7I1GQ120


>>95
潜水艦で狙うにも、航空攻撃で狙うにもでかい的を狙いすぎたね。
艦隊戦にしたって、輸送船団撃破が任務なのに司令官が
査定(輸送艦を沈めても点数にならない)を気にして作戦成功目前で引き返しちゃったり。



53 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:09:39.18 ID:5vVCJrkA0


なるほど、
ちなみに日本はアメリカに先端技術を駆使されて負けたんだっけ?
あと、アメリカはすごい頭いい人の集まりで、日本の作戦は全て筒抜けだったとか。
違ってたら訂正よろ



57 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:12:04.92 ID:bt4nnXwW0


>>53
てかハールハーバー自体筒抜けでわざと防がなかった説とかもある



60 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:12:58.29 ID:7/9Ub5H90


>>53
まあだいたいあってる
あとは物量の差が大き過ぎた
なんで戦えたんだろうってくらい過酷で戦略性のない兵站



62 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:14:11.48 ID:zd7+s8Y90


>>60
ほんと日本兵の頑張りは凄すぎたと思うよね。
日本兵じゃなかったらあそこまで粘れてないと思うあの戦争



63 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:15:30.63 ID:5vVCJrkA0


>>62
硫黄島での作戦はほんとにすごいと思う。



75 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:21:05.14 ID:7/9Ub5H90


>>62
アメリカなんて兵士に保険かかってたくらいだからなあ
国のためだろうが家族のためだろうがあんな環境で一年以上戦い続けた兵隊のこと考えると
さすがに泣けてくるわ



73 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:20:18.56 ID:XEby5pzh0


あと日本みたいに戦争貧乏な国が高価な金かけて育成したパイロットを使い捨てにしてるのもなぁ。


78 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:22:56.86 ID:kgVjBx950


>>73
そもそも最初に強かった時は十分に訓練期間のあった兵隊だったからこそで、後半ズルズルだったのはにわか練兵だったから、と言う話しもあったね。



85 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:26:50.48 ID:zd7+s8Y90


>>78
なんか今でも日本のパイロットはやっぱりすごいみたいね。
アメリカさんとドッグファイトすると自衛隊とは戦いたくないわ・・・って嘆かれるらしいよw



91 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:35:46.79 ID:kgVjBx950


>>85
なんでもどこでも職人魂つーか。

どこの世界にヘリコプターを垂直に飛ばせて(メインローターを地面と垂直、尾翼が地面側)、
停止だの地面と平行に前進だのやってみようと考えるんだ?と。

呆れて感動したわ。



88 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 18:32:23.98 ID:zd7+s8Y90


編隊組んでだっけか?なんかパイロットスレで見た


98 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 19:03:57.09 ID:i6oDoxTD0


技術や魂は最高なのに、戦略(政治)が糞なんだよな日本は


99 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 19:20:26.47 ID:KRXkrCnDO


20世紀初頭の外交は凄いと思ったけどな



102 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 22:02:06.68 ID:TWjkYGCn0


資源があればわからなかったかもね


103 :名も無き被検体774号+ 2012/01/30(月) 22:13:01.22 ID:LCrgXG5U0


>>102
資源と生産力があったらまた変わってたかもね
でもやっぱり日本ってどっか抜けてるところがある気がするq



110 :名も無き被検体774号+ 2012/01/31(火) 14:52:05.41 ID:Ywf8VveD0


デスラーの三段空母は日本海軍のパクリって本当?


113 :名も無き被検体774号+ 2012/01/31(火) 20:14:49.50 ID:W2fVjqAf0


>>110
マジレスするけど宇宙空間では滑走路は不要。
二連三段空母など愚の骨頂です。
ヤマトは後部カタパルトから発着艦してるでしょ?



114 :名も無き被検体774号+ 2012/01/31(火) 20:26:25.87 ID:hQrXWXWY0


>>113
射出速度上げるくらいにしか使えないとか、かな。
ロストユニバースのアレ並に惑星の引力無視なタイプなら、その時は、ってことか。



117 :名も無き被検体774号+ 2012/01/31(火) 20:43:03.84 ID:2+vGAL1O0


開戦当初は日本の方が優勢みたいだったけどそれは日本がほんとに強かったから?
それともアメリカの方がわざと負けているふりをすることで
アメリカ国民の感情を煽るというアメリカ政府の作戦だったの?



118 :名も無き被検体774号+ 2012/01/31(火) 20:43:49.63 ID:Z8OuKpQ20


当時の日本やドイツは戦争の負け方を知らなかったんだろうな。
勝ち目が無くなった時点で少しでも有利な条件で終わらせれば良かったと思うんだが。
やっぱ出来ないものなのかな。



121 :名も無き被検体774号+ 2012/01/31(火) 21:51:58.98 ID:hQrXWXWY0


>>117
スタート時点では日本も練度の高い兵隊てんこ盛りだったから。
おまけに航空技術もまだ世界で極端な差がなかったから。(第一次大戦時は複葉機の戦闘機が現役なわけだし)
弱くはなかったと思う。
大砲とか小銃とか戦車とかは、もう少しなんとかならんかったのかな、と。



119 :名も無き被検体774号+ 2012/01/31(火) 20:50:17.88 ID:EhZK3A7P0


>>117
零戦の格闘能力は高いし兵士の能力も高かった



123 :名も無き被検体774号+ 2012/01/31(火) 22:18:39.56 ID:2+vGAL1O0


>>119
>>121
そうなんだなんか安心した
零戦が強力だったっというのは昔の米軍パイロットの証言もあるし、
日本兵自体もよく訓練されていて強いと、アメリカ兵は考えていたそうだもんな
戦車はwwwシャーマンとか相手によく戦ったなぁとは思う



126 :名も無き被検体774号+ 2012/01/31(火) 23:04:32.69 ID:GyQ/UtfD0


>>123
開戦当初でいえば、海軍航空隊は世界最強だったね。
零戦の長所を最大限活かしきった戦い方ができる、高練度のパイロット。
でもパイロットも飛行機も「消耗品」だから、人口・工業力で圧倒的な差があるアメリカ相手はきつすぎたわ・・



127 :名も無き被検体774号+ 2012/01/31(火) 23:09:34.38 ID:W2fVjqAf0


極東の島国が一国で連合国相手にガチでわたり合って、押してもいたんだから。
南洋の小国を植民支配していた国を追い払い、道路を建設し、農業を教え、学校を建て、予防接種をし。
パラオあたり見ると戦争目的は果たしていると思ってもいいんじゃないかな?



128 :名も無き被検体774号+ 2012/02/01(水) 00:27:44.97 ID:hRDRVBup0


>>127
あれのお陰で東アジア諸国が独立できたんだよな
日本のためを考えるとまぁ結果的に負けたけど広い目で見るとかなり良い結果を与えたんじゃないかな




131 :名も無き被検体774号+ 2012/02/02(木) 14:35:57.61 ID:ppM2de0c0


長門も核攻撃うけても4日間は浮かんでたらしい。
お船に関してはまちがいなく優秀だったんだろう。
戦闘機も技術力は優秀だったが、物的、人的資源の枯渇で運用できなかった。



[ 2012/02/05 03:07 ] 雑学 | TB(0) | CM(3) このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめサイト様

トリ速 最新記事一覧

Powered By 我RSS


[ 21 ]
強いぜ俺達www
って調子こいた馬鹿どものせいで負けたんじゃねーか
日中日露だって現場が踏ん張ったのと向こうが馬鹿だったのと運が良かったのが重なっただけで戦略的にはグズグズだったんだぞ
[ 2012/02/05 05:11 ] [ 編集 ]
[ 23 ]
敵を叩ける状況なのに怖くなって逃げたり、補給線の事を考えずに戦線を拡大したり、輸送船を叩かなかったり、戦闘関係でも失敗が多数あり。
戦闘以外でも戦争は総力戦だとゆう事を無視して経済を回すのに必要な輸送船や製造に必要な工員まで徴用して経済を混乱させて製造能力の低下。
他にも中国が排日と反日を煽っているのに有効な対抗策を講じなかったりしたことも問題。
暗号解読の事も含めて情報戦に弱過ぎ。
結局は前線の兵士が強かっただけ、上層部が馬鹿過ぎた、こんなところでしょうね。
[ 2012/02/05 08:20 ] [ 編集 ]
[ 24 ]
満洲はフィリピンのようにアメリカ植民地になってもらえば、露助相手にちょうど良かったのに。
なんでアジア開放や人種差別撤廃の為に日本人が血を流さないといけないんだよ。
どうせあと20年も待てば、英仏は植民地独立を抑えきれなくなるし、そのうちアメリカも公民権運動になるだろ。
完全に跡付けの理屈だけどもさ、結果的にはこういうことじゃないのか。
[ 2012/02/05 11:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール


管理人:とりり
◆当ブログについて

更新停止しています。
最新記事一覧
月別アーカイブ
 
検索フォーム
来訪者数
鳥キャラ図鑑


karuu.jpeg







pu-.png



20090301163610.png
鳥キャラ図鑑




kazu-i.jpg



images_20120329122454.jpeg



20090301163610.png



faruko.jpg



20090301163610.png





アクセスランキング ブログパーツ